fc2ブログ

腰道具から便利な工具まで、電気工事に必要な工具を紹介します。

カテゴリ 

おすすめ電気工事の工具
電気工事施工管理
1級電気工事施工管理  2級電気工事施工管理

最新記事 

言われなき誹謗中傷

今は、新型コロナの第七波に見舞われ、ロシアは相変わらずウクライナ国内で傍若無人な攻撃を続けているし、そこへもってきて、中国が我が国の排他的経済水域へ弾道ミサイルを撃ち込む暴挙を平気で行うなど、日本周辺でもキナ臭い空気が流れ始めています。
それから比べれば、小さな問題なのかもしれませんが、先日私は、運営するサイトに関して、言われ無き誹謗中傷を受けて、かなり凹みました。
(´xωx`)
ネット上の誹謗中傷で自殺した人も居るように、これは立派な犯罪行為だという認識は、未だに浸透していないようです。


このブログで紹介しているのは、電気工事に関する工具の紹介がメインですが、ほかのサイトでは、電気工事をされている方々の少しでもお役に立てるようにと思って、結線方法を紹介したり、金属配管の曲げ方などを紹介するサイトや、電気工事につきものの電気図面を描くためのJw_cadの使い方を紹介したサイトなども運営しているのですが、そのJw_cadの使い方を紹介したサイトで、誹謗中傷を受ける羽目になってしまったんです。

元々、初めてJw_cadを扱う人のために開設した初心者向けのサイトだったので、出来る限り解りやすく、尚且つ私の解る範囲の質問にも誠実に答えてきたつもりだったのですが、ある日突然、
「書かれている通りに行っても同じようにならない。」というクレームに似たような内容の投稿があったので、その方にもどこが分りにくいのか伺う返信をし、その返信内容を確認してサイト内の問題となったページを確認したのですが、掲載内容に間違いは無く使い方を紹介した画像にも何ら問題はありませんでした。

只、一つ問題があるとすれば、掲載中の画像をアップロード容量の都合で、一部編集していたので、実際にJw_cad上で作業する中で、若干違ったものになっていたしまっていたことは、事実です。

然しそれにも注釈文を書き添え、画像の一部を編集している旨を伝えて、編集部分の作業内容も書き添えてあったので、これまでこのようなクレームじみた投稿を受けたことはありませんでしたし、むしろ
「とってもわかりやすい」などの好意的なご意見を多数いただいていたので、さほど気にもしていなかったんのですが、クレームじみた投稿をきっかけに、少し内容を精査して、よりわかりやすい文面に変更して、その旨を伝えたら、今度は、
「無料で教えてやってるんだから、辛抱しろとでも言いたげですね。」
如何にも、クレーマー的な返信がかえってきました。

さらに続けて、
「これまで練習してきた時間を無駄にした責任をとれ。」などという、馬鹿げたメールが届いたので、これ以上相手にする必要はないと判断して、その後一切の返信をしないようにしたところ、その後一週間くらい、嫌がらせメールが続きましたが、そのうち、そのメールも来なくなりました。

そして、今ではこの誹謗中傷メールを送り付けてきたIPアドレスからの接続を拒否するようにして、一切の関わりを遮断してしまいました。

ここまですれば、さすがに、相手もどうすることもできないというところだと思うので、私の場合これで事無きを得ましたが、気の弱い人だったら、恐怖に怯える方もいらっしゃるんじゃないかと思います。
最近では、SNSの投稿写真から居場所を特定されたり、住まいまで特定されるなんて事案もあるようですから、顔の見えない相手からの誹謗中傷程、恐ろしいものはないとも言えますから、日頃からSNSへの写真のアップには注意が必要でしょうし、リアルタイム投稿を避けるなどの対策が必要だと思います。

私の場合、自身の生活に関する写真のアップは、ほぼゼロなので、安心していますけど、過去のブログに投降した中には、ひょっとすると、住所を特定される可能性がある写真があったかもしれません。

でも、すでに以前の住まいから引っ越しているので、現在の住所を特定されることは無いと確信しています。

さらに言えば、最近は、画像を掲載するときにも、必要な部分以外の部分は、強いボカシを掛けたり、不要な部分を削除したりして、どう頑張っても、住所を特定することができないようにしてから、サイトにアップするようにしています。

まあ、ここまでする必要は、無いかもしれないけど、最近はすぐ人に危害を加える事件が多発しているので、サイト中の誹謗中傷から住所を特定されて、必要につけ回された挙句に、被害に遭わないとも限らないので、出来る限りの防衛策をとりつつ、サイト運営やSNSを利用することが、自己防衛につながると、意識してネットを利用することが大切だと思います。

今回私が受けたようなことは、日常茶飯事のように起こっていることだと思いますが、本来ならあってはならないことだという事をネットを利用するすべての人に言っておきたいものです。
関連記事


電気工事士のつぶやきTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://denkikougu.blog.fc2.com/tb.php/127-309ff39f

ランキング参加中! 


リンク 

お役立ちサイト 

現役電気工事士が語る 実践電気工事

『 初心者でも超簡単 Jw_cad 』

RSSリンクの表示 

QRコード 

QR


t開業前に知っておきたい帳簿のつけかた


電気工事士試験日程

電気主任技術者(電験)試験日程

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.




Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.