fc2ブログ

腰道具から便利な工具まで、電気工事に必要な工具を紹介します。

カテゴリ 

おすすめ電気工事の工具
電気工事施工管理
1級電気工事施工管理  2級電気工事施工管理

最新記事 

品切れ続出!

新型コロナがちょっと収まったかと思ったら、ロシアがウクライナの侵略を始めて、世界中が一気に緊張する事態になってから、早くも3か月が過ぎました。
その間日本も数々のロシアへの経済制裁を実施したり、これまでに無い規模でウクライナへの支援をしたり、ウクライナから避難した人を受け入れたりと、世界と連携して、ウクライナ支持を表明してきました。
そんな世界情勢の中で、様々な要因が重なって、いろんな物の不足が生じ始めていて、食品の値上げは、今年に入ってからもすべての品目で、2か月、3か月ごとに繰り返されてるし、相変わらずガソリンなどの燃料費は高止まりしたままだし、電気、ガスなどの光熱費も上がる一方です。
でも、賃金は・・・


何でもかんでも値上がりするばかりで、私たちの賃金は一向に上がる気配がありません。
それどころか、逆に、原材料費の高騰を理由に更なる値下げを言ってくるところもあって、ハッキリ言って、仕事を請け負わないほうがましな、取引先も出始めています。

まあ、私のところでは、幸いなことにそんな取引業者は無く、平静を保っていますが、それより問題なのは、材料や仕上げ材の品不足の方が、深刻になっていて、入手が困難なものも出始めて設計変更や仕上げ材の仕様変更などを申し入れて了承を得るのに時間をとられていて、本来の電気工事が滞る現場も出ています。

これまでも中国が夏のオリンピックを初めて開催するときに、日本からありとあらゆる資材を根こそぎ持っていったときに、ケーブルなどの高騰や一時的な品不足が発生することはありましたが、今回のように長引いたことは、かつてなかったと思います。

建築現場の品不足は、すでに去年から始まっていて、今でも品不足の給湯器やユニットバスなど設備関連の資材が特に品薄状態で、次いつ入ってくるのかすら見通せないないと嘆くところも多数目にしてきました。

給湯器の品薄を受けて、中には買い占めに走る業者もいたりして、囲い込んだ給湯器を正規の価格以上の高値で転売して利益を得るような悪質な業者まで横行するようになってしまうなど、ほとんど無法状態のようになってしまったと感じています。

幸い電気関連の資材の中で、転売などの悪質行為は確認されていないようですが、価格の高騰は、否めません。
特に銅線を使うケーブルの高騰は著しく、数日ごとに仕入れ値が変わるような状況で、見積もりすらままならないような状態で、仮に電気工事を請け負ったとしても、工事に取り掛かるころには、価格が上がっていて、利益がほとんど出ない状態になってることもあったりするので、見積もりをするのも難しいというのが本音です。

元々、材料や資材が不足した原因は、新型コロナによるパンデミックが大きな原因で、パンデミックの中で世界中の物流網が混乱して、コンテナ不足になったり、ロックダウンで品物の出荷が滞ったらりしたことが、原因だったところにロシアがウクライナ侵略戦争を始めたことで、さらに拍車がかかって、現在の混乱を生みだしたということは、誰しもが分っていると思います。

パンデミックと戦争という事を加味して考えると、第一次世界大戦当時のスペイン風邪と呼ばれたインフルエンザの大流行を思い出します。
思い出すと言っても、学生時代に勉強したのを思い出すという意味で、決してその場に居合わせたという意味じゃありませんので、お間違いなく。
その時代に生きていたとしたら、はてさて、私は一体何歳になってるんでしょうか?
( ' へ ' ;) う~ん…
今回も新型コロナのパンデミックの最中にロシアがウクライナ侵略を始め、その非道な行為に対して、世界の多くの国が団結して、ウクライナへの支持を表明し、武器、財政の両面で、強力にバックアップすることで、ロシアと対峙する構造は、第一次世界大戦によく似てると思います。

かつては、スペイン風邪と呼ばれたインフルエンザの蔓延で、戦場の兵士が多数命を落としたことで、一部地域で戦闘不能に陥るなどして、パンデミックが戦争を終わらせたという見方もありました。

でも今回は、ロシアのプーチンの狂信的な歴史認識がウクライナ侵略戦争の元凶だと言われているので、戦争終結の見通しすらできない泥沼化が懸念されるような状況だから、私たちの生活や仕事もまだまだ強く影響を受けそうです。

一日でも早く、ウクライナが勝利して、ウクライナの地からロシアが居なくなることを願います。
それが世界の平和と安定にとって最も重要で、求められていることだと思います。

ウクライナに栄光あれ!
Glory to Ukraine

これは、ウクライナのゼレンスキー大統領が、演説や記者会見でよく使っているフレーズです。

関連記事


電気工事士のつぶやきTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://denkikougu.blog.fc2.com/tb.php/125-33cea3c5

ランキング参加中! 


リンク 

お役立ちサイト 

現役電気工事士が語る 実践電気工事

『 初心者でも超簡単 Jw_cad 』

RSSリンクの表示 

QRコード 

QR


t開業前に知っておきたい帳簿のつけかた


電気工事士試験日程

電気主任技術者(電験)試験日程

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.




Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.